山羊もいろいろ -インドネシアのヒージャー(山羊)-


沖縄では古くから山羊を食することが多く、たとえば家の新築の際の棟上のときや、成年祝いやお祝いごとの行事の際に山羊を潰して食します。山羊の肉は脂が多く、昔は貴重なカロリー源だったのでしょう。いまでも牛肉や豚肉以上に、大のヒージャー・ジョーグー(*)であるという人が結構います。特に、刺身はヒージャー好きでなくても結構いけます。
沖縄の山羊は外見上の色はほとんど白色ですが、インドネシアの山羊は非常にカラフルで愛らしいものが多いです。全身黒の山羊はもちろん、マダラ模様や茶色、茶色に黒、白などいろいろな色の山羊がいて、色も濃いものや淡く薄いものもあり、さほど大きくなくかわいらしいものです。インドネシアでもお祝い事や宗教行事の際に食するとの事ですので沖縄と似ています。


*ヒージャー;山羊(沖縄の方言)
*ジョーグー;ファン、好物、~好き(沖縄の方言)


インドネシアの山羊

インドネシアの山羊

コメント