紫檀、ソノクリン、インディアンローズ、パリサンダー

 一般にローズウッドと呼ばれる高級材の代表格の1つである植物名Dalbelgia Latifolia材は日本及び中国語圏では紫檀、インドネシアではソノクリン、英語圏ではインデイアンローズ、フランス語圏ではパリサンダーと呼ばれ、高級内装材、細工物、楽器等に広く利用され、需要の高い高級樹種である。無垢フローリングとしてのソノクリン(紫檀)は希少価値の高級床材として以前より生産してきたが原材料の安定的な確保が難しく、商品としての安定供給が出来ず定番商品としての地位を確立できなかった。

弊社では現地合弁工場協力の下、材料の安定確保体制を確立し、月間300-400立方メートルの原木、製材品原料を確保が可能となった。これにより床材で5,000平方メートル程度の生産が可能となり、定番商品としての提供が行える様になった。フローリング材は乱尺、ユニ、集成タイプで小口よりコンテナ単位、そして製材、特注品等の各種様々なご要望にも対応可能な生産体制を確立した。


入荷した原木1

入荷した原木2

入荷した原木

原木

ソノクリン製材品

製材中の原木

加工前の原板

乱尺フローリング

コメント