フローリング用製材

 弊社はチークの島と呼ばれるインドネシア南東スラウェシ州のムナ島でフローリング用の製材を行っている。今回はその様子を紹介する。チークの原木を歩留まりの最も高くなる箇所で輪切りにし、大割り機にて盤木の大きさを決めて、帯鋸木でそれぞれのフローリング用寸法に製材する。その後横切り機で長さを揃え、それぞれの長さで木枠梱包をし、ジョンバンの加工工場へ船にて配送を行う。


大割り

輪切りされた原木

横切り

フローリング板の製材

板の製材

板の検品

船積み用木枠

船積み前

製材所全景

コメント