FSC[Forest Stewardship Council:森林管理協議会]の取得をめざして!

インドネシア提携工場は現在、WWFに加盟し、2,3年後のFSC〔Forest Stewardship Council: 森林管理協議会〕の取得を目指している。インドネシアの無垢フローリング工場としては、第1号取得認定企業となることを目標にしている。


WWFとは
《Worldwide Fund for Nature》世界の野生生物とその生息地を保護するための基金。1961年設立の世界野生生物基金を、90年に改称したもの。本部はスイスのグラン。
FSC〔Forest Stewardship Council: 森林管理協議会〕は、森林及び林産物の認証機関の評価・認定・監督を独立して行う、非営利、非政府の国際組織であり、本部はドイツのボンにあり、1993年に環境保護団体、林産業者、先住民団体等25カ国130人の代表者らにより設立されました。FSCは直接認証審査を行う事はなく、FSCに認定された認証機関が審査を行います。2006年5月現在、認証機関は世界に15機関あります。FSC〔Forest Stewardship Council: 森林管理協議会〕森林認証は、世界的な森林減少・劣化の問題と、グリーンコンシューマリズムの高まりを背景として生まれた、「適切な森林管理」(“Well-Managed”)を認証する制度です。 FSC森林認証では、「森林管理のためのFSCの10原則と基準」に基づき、適切に管理された森林を認証します。認証された森林の林産物でできた製品には、FSCのロゴマークがつき、消費者に対して、認証された製品であることを分かりやすく伝えます。認証された製品が市場に増え、購入が進むことによって、適切に管理される森林が守られ、森林の破壊や劣化を招くことなく、木材消費が進むというシステムです。

参照:FSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会)

コメント