トラジャ風結婚式

 先日幣ヨーロッパ向けパラピー材事業のパートナーであるAlex氏の長女の結婚式の披露宴に招待された。インドネシアは多民族国家であり多様な文化が存在し、結婚式、披露宴に招待されるたびにインドネシアの多様性、豊かさを感じる。

今回の結婚式の主役のアスツリさんのご主人、そしてそのご両親、さらにMr.Alex氏の奥さん共々中部スラウェシの山間部のトラジャのご出身との事で、現代風のトラジャ式で行われた。

披露宴は盛大で親戚一同、友人、職場の同僚、隣近所そして南スラウェシ州の知事まで約1千人を超えようかと言う程の参列者で大賑わい。式はまず、トラジャ衣装を纏った踊り子に先導されて花嫁、花婿そしてご両親の始めとしたご親戚一同の100人以上の入場から始まり、着席後約30分の程の踊り子による結婚式の舞があり、その間に様々な挨拶そしてその日の朝に行われた教会での結婚式、役所での登録などはビデオで流され、昔ながらの風習と高級ホテルでの近代的な披露宴の見事な組み合わせであった。


会場前のWELCOME BOARD

今日の主役。新郎新婦の写真

会場入り口

中央正面ひな壇

入場先導者

花嫁&花婿の入場

花嫁&花婿

トラジャの踊り子さん達

記念品の扇子

インドネシアで広く用いられている中国式の祝儀袋

コメント