マカッサル風景

 弊社のインドネシアにおける拠点の1つである
マカサッル(ウジュンパンダン)市は赤道を跨いで東西に長いインドネシア共和国のほぼ中央にあるスラウェシ島の南端に位置し、広大な東インドネシアの海路、空路の交通の要所で拠点で、古くから香料の集積地と栄え、その後植民地時代はオランダの東インドネシア経営の拠点として発展した町である。

マカサッル市は現在は南スラウェシ州の州都でもあり、人口も150万以上といわれ、近代的なショッピングセンターそしてホテルの立ち並ぶ大都会でもある。今回は商用で定期的に訪れるそのマカッサル市の風景を紹介する。

2008 Oct 11 Makassar 029
オランダのロッテルダム要塞跡
ロサリビーチの夕日
ロサリビーチの公園
沖合いの小鳥
海岸沿いに良く見る漁船
会場に浮かぶコテージ
近海の輸送に使われる木造船
海岸沿いの高級ホテル
海岸沿いの道路
街角で金を売買する人
街中での唐辛子の日干し
街中の庶民の足、自転車タクシー「ベモ」
古い中華街
中華街に多い金の装飾品店
緑豊富な街中

コメント