フローリングの分類

単層フローリング(無垢フローリング)と複合1種、2種、3種フローリング

フローリングの分類は無垢フローリングと呼ばれる単層フローリング複合フローリングの種類に大別される。複合フローリングは1種、2種、3種と分類される。
単層フローリングのなかにも、ソリッド長尺または一枚ものと呼ばれる1枚の継接ぎの無い木をそのまま加工したものや(乱尺もこのタイプに入る)、ユニタイプと呼ばれる縦つぎに長さの違うものを継いだもの(乱尺を縦に継いだ状態のもの)と集成やフィンガージョイントラミネート、略称、FJLと呼ばれる縦と横を何枚かに貼り合せたものとにわけられる。これらを通常単層フローリングと呼んでいる。また、パケットも単層フローリングに入る。単層フローリング以外のフローリングを複合フローリングと呼んでいる。
複合1種、2種、3種フローリングの説明は下記の通り。

・複合1種…ベニヤコア合板のみを基材とする。

・複合2種…ひき板、集成材、単板積層材もしくはランバーコア合板のみ、又は、これらを積層接着したものを基材とする。

・複合3種…複合1種及び複合2種以外





※参照:財団法人日本合板検査会
URL http://www.jpic-ew.or.jp/pagefasrev_flooring.html

コメント