ウリン材とは?

商品名:ウリン・ウッドデッキ材
市場名:ボルネオ鉄木、ベリアン
学 名:クスノキ科 Lauraceau
属 名:Eusideroxylon

特 徴:インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島)の東部が主要産地であり、カリマンタン島のマレーシア側からもウリン材は産出される。その他の島からの産出はきかない。ウッドデッキ材としては高適材品種のひとつとして最高の材である。ウリン材は製材後すぐは、黄色がかった褐色で、しばらくすると茶褐色や濃い褐色になる。木目も細かく緻密で高密度であり硬質材でありセランガンバツより若干重い。寸法安定性もあり、高耐久性も優れており白蟻や害虫にも強く、薬剤の処理の必要もなく長年の使用が可能。

 現地では淡水や海水での使用にも高耐性を示し、雨(水)、風、熱、日光にさらされる場所での長期30年の使用実績の報告もある。現地、インドネシアでも橋の柱材、橋梁材での使用も多い。イペ、マニルカラ等のウッドデッキ材とならんで知名度、人気度ともに高いウッドデッキ材です。


※現在は取り扱っておりません。

コメント