ローズウッド(ソノクリン、紫檀)とは?

商品名:ソノクリン無垢フローリング(無塗装・塗装)
学 名:マメ科 Legumisosae
属 名:Dalbergia
樹 種:D.Latifolia
市場名:ソノクリン、ローズウッド、紫檀
比 重:750kg/m3 ~ 820kg/m3

特 徴:インドネシア現地ではソノクリンと呼ばれ、日本では、ローズウッドや紫檀と呼ばれる高級銘木の一種である。世界の熱帯、亜熱帯に分布し、木材を生産する樹種は20種程度と言われている。東南アジアではインド、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、インドネシアなどより産出される紫檀材である。新鮮な材はバラの花のような芳香を持ち、辺材は淡色で、心材は、濃紫褐色ないし、濃赤紫色で、濃紫ないし黒紫の縞を持っている。高級銘木として、唐木細工、キャビネット、ベニヤなど装飾的な用途が非常に広い。
天然自然色で落ち着きのある黒紫の色調をだし、一見して高級な重厚感のある本物の色彩で人気が高く、無垢床として収縮や反りも少なく、特に高級住宅には人気が高い無垢フローリングのひとつである。


ソノクリン(紫檀)無垢フローリング 商品詳細へ

コメント