無垢フローリングの色ムラについて

無垢フローリングとは自然なものなので、少々の色ムラは出てくる場合もございます。むしろそれが、無垢フローリングならではの良いところではないでしょうか?一つとして同じ柄は無く、微妙な色の違いや柄の違いを楽しむのが無垢フローリングの楽しみ方の一つです。しかし、明らかに色が違ったりするものや、白っぽかったりする部分は出てきません。アドバイスとしては、まず箱を開けたらすぐに床を貼るのではなく、初めに柄や色を見ながら仮並べをしてから貼ると綺麗に仕上がります。
無垢フローリングは年月が経つにつれ色が濃くなり、経年変化が楽しみの一つでもあり、また、年月が経つにつれ肌により馴染み愛着がわくものです。それに、フロアと違い少しくたびれてきたら、表面を研磨し塗装すれば、また新しいフローリングとして生まれ変わります。


コメント