梅雨時の湿気対策について教えてください。(フローリング編)

梅雨時期は湿気が多く、カビや結露が発生したり、
雨が降って洗濯物は乾かないしぃ~(乾燥機があるところはいいですよね。)
食品の保存も気をつけなければいけませんよね。

こんな時期だからこそ、フローリングの施工もいつも以上に注意を払わないといけません。

―――――――――――――――――――――――――
◆ 梅雨の時期おさえておきたい5つの対策 ◆
―――――――――――――――――――――――――
1.空気の入れ替えを行う!
2.換気扇をまわす。
3.ガラスの結露には新聞紙が効果あり!
4.除湿機をかけましょう。
5.クーラーをかけましょう。
―――――――――――――――――――――――――

簡単に説明しますと ↓↓↓ 

1.空気の入れ替えをしましょう。
このとき、押入れやその他のドアを全て開けてあげましょう。

2.換気扇をまわしましょう。
1の空気の入れ替えの時に使うとより効果的です。  

3.ガラスの結露には新聞紙が効果あり!
結露が発生する前にガラスに新聞紙を貼り付けておくと、
新聞紙が湿気をとってくれるし、湿気を吸い取った新聞紙でガラスを拭けば
きれいになります。

4.除湿機をかけましょう。
湿気にはやっぱり、除湿機が最適です。出来るだけ窓を開放したいけど、
なかなか出来ないときにも、これだけは必ずやっておきたいですね。  

5.クーラーをかけましょう。
これも、ようは除湿機と一緒です。
せめて、これだけはやっておいたほうがいいですね。


とっても良い建物が出来たのに、引渡し前に・・・
なんてことにならないようにしっかりと対策をとりましょう。
そして、お施主様にもこの方法を教えて、出来上がったままの状態をできるだけ長く保っていきたいですね。


コメント