ラオスヒノキ

高級建具、そして主に神社仏閣などに使用されるラオスヒノキを紹介する。
ラオスとベトナム国境の高山地帯に産し、直経2m、高さ30m以上に達し、樹齢千年以上とも思われる大木がまだ入手可能な貴重な木材である。
黄色みを帯びた色合いは和風、洋風そして和洋折衷にも合い、油分も多く水にも強い木である。
自宅の内装材として使用し、15年以上経た今でもきれいな材木である。
現地ラオスより、原木、荒引き材での手当てが可能である。



原木1



原木2



角材1



角材2




コメント