インドネシアのカエル料理


先週、インドネシアの弊社工場から西へ約500kmに位置する中部ジャワのチーク材貯木場を2か所訪ねた。

朝5時に出発し、3時間後1か所目の貯木場に到着。
2時間あまりの検品商談を終えた後、2か所目を目指して出発した。

道中昼食のため食事の出来る所を探すがイスラム教国のインドネシアは現在ラマダン(断食)の時期で道中のレストランは日中殆ど閉まっているため、確実に営業している思われる中部ジャワで有名なカエル料理専門の店を目指す事にした。



看板



店の前のカエル



1901年創業の華僑系の店でメニューはカエル料理だけである。



メニュー



昼食は赤い色のスープで酸味に加えて強い甘みがある。カエルの肉(腿肉)はさっぱりしておいしいがスープは口に合わなかった。


昼食のスープ




帰りも結局同じ店で、今度はから揚げ。これは美味しかった。


夕食のから揚げ



結局帰り着いたのは夜中の12時(午前0時)。この日は約14時間車に揺られ、口にした料理はカエルだけの1日であった。


コメント