マニルカラトーレム材の製材



デッキ材として一般的なウリン材にも負けない、マニルカラトーレム材の製材の様子をご紹介します。

デッキ材として広く使用されてきたウリン材と同等のマニルカラトーレム材は植栽が限定されているため原材料の供給が安定せず市場にはあまり馴染みの薄い樹種ですが、耐久性においてはウリン材同等以上であり又ウリン材の欠点である樹液の流出も非常に少なく、屋外用の高耐久性のデッキ材として魅力のある材料です。

今回約1000m3の原木を入手し、現在ヨーロッパ向けのデッキ材の製材中です。製品は20x90x1800-4200mmの片面波型(リブ)を生産予定。
在庫等の詳細はお問い合わせください。


輪切りの原木


大割機


製材機


製材品


桟積み


マニルカラトーレム ウッドデッキ材


コメント