インドネシアの植林チーク

            今回はインドネシア中部ジャワの植林地と貯木場の様子をご紹介します。

植林地の入り口です。

                                                                                   樹齢10~20年くらいの木。

                                                                                    貯木場に置かれたチーク。

 この大木は樹齢80年以上です。立派です。

                                                                              トラックが搬出していく様子。



 紫檀(ソノクリン)の原木です。色がチークとは違いますね。

紫檀(ソノクリン)の原木から生えた芽です。



これは全てチークです。



昼食です。インドネシアでは定番の料理です。おいしかったです。

ここから製材してフローリング、デッキ材等の各商品に仕上がります。